長岡天満宮 キリシマツツジ

「長岡天満宮」のキリシマツツジが今週末に見頃を迎えそうです。

山城国乙訓郡と呼ばれた長岡京市。
平城京から都を移して「長岡京」として栄えました。

「長岡天満宮」は都の西南に位置し、地元では「天神さん」の愛称で親しまれています。

正面大鳥居をくぐり、風光明媚な景色「八条ヶ池」や、池の中に佇む東屋「六角舎」などを横目に、京都平安神宮の社殿を拝領移築した長岡天満宮の拝殿(社殿)は、平成10年に既存の素木を朱塗りにし、増築されたものです。

地元の人のデートスポット、お散歩・ランニングコースとしても人気で、クラシックコンサートやお祭りなどの催しも開催され、市民に愛されています。

見頃を迎えるゴールデンウイーク期間中に、真っ赤なキリシマツツジ、風情のある天神さんを見に行かれてはいかがでしょうか。

アクセスには阪急電車もしくは車が便利ですが、JRからバスに乗るか、ゆっくりと歩くものいいですね。

八条ヶ池に架かる橋の両脇に咲くキリシマツツジが、特に撮影にはオススメですよ!!



★写真は以前に撮影したものです

京都の出来事, , お花, 季節・月, 地域, 神社, 4月, 見所, 京都市外

長岡天満宮

Related posts